花粉症で苦しむ女性

花粉症は「どうせ、季節による一時的なものだから少し我慢しよう!」などと考えていると、ある時重篤な症状に見舞われるかもしれません。そうならない為にも、ちゃんと花粉症と向き合って対処していきましょう。

花粉症を無理に我慢して痛い目にあわない為には

花粉症の症状は、軽度の場合にはたいした症状がでません。多少かゆみがでたり、くしゃみや鼻水が出る程度の場合も多いため、対策をせずにそのままでも耐えられると考える方もいるでしょう。しかし、近年では花粉の量が多く飛び交う場合も多いため、油断は禁物です。くしゃみや鼻水も多少ならばそれほど問題ありませんが、頻繁にその症状が続いてしまうと、それなりに日常生活でも支障がでてきます。また、鼻づまりが酷い場合には、呼吸がしにくくなるため、なんとなくぼーっとしてしまい、集中力が欠けてくることもあるでしょう。花粉症の場合には、日頃からの花粉症対策をすることが重要です。マスクをして鼻に花粉が入ってこないように予防することも大切です。また、目にも花粉が付着することで、かゆみや涙目になることもあるので、メガネなどを使用して花粉をある程度防ぐようにするといいでしょう。花粉対策用のメガネなども近年では開発されており、花粉の侵入がしにくい作りになっています。目のかゆみなどが酷い場合には、花粉対策用のメガネを試してみるのもいいでしょう。他には目薬で花粉を落とすこともかゆみ対策になります。目がかゆいからと手でこすったりすると目にダメージを与えることにもなりますので、できるだけこすらないようにして、目薬などで対応しましょう。コンタクトをつける方もいるでしょう。花粉が多い時期は、コンタクトをつけていると、花粉が付着しやすい傾向があります。できればコンタクトではなくメガネを使用するほうが対策になるでしょう。
花粉症の対策と言えば上記のようなできるだけ花粉を避けるような方法が思いつきますが、アレルギー薬を飲むだけで対策ができたりもします。
アレルギー反応を引き起こす物資が体内に入った時、ヒスタミンという物質が放出され、鼻炎やかゆみや湿疹などのアレルギーが表れます。ロラタジンでヒスタミンの放出をブロックすることによりアレルギー症状を抑えることができるためアレルギーで悩んでる人は検討すると良いでしょう。

薬というと副作用が気になりますが、ザイザルで治療する場合は比較的副作用が少ないです。副作用がまったくないという訳ではないので、そのことは頭に入れておきましょう。
たかが花粉症と考えず、症状を防ぐためにも、さまざまな方法で花粉対策をして、花粉症を予防するように心がけていきましょう。

■花粉症予防の治療薬をお探しなら
アレグラで花粉症の悩みを解決