花粉症で苦しむ女性

花粉症は「どうせ、季節による一時的なものだから少し我慢しよう!」などと考えていると、ある時重篤な症状に見舞われるかもしれません。そうならない為にも、ちゃんと花粉症と向き合って対処していきましょう。

花粉症による過敏反応はシャンプーなどで対策

鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみなどさまざまな症状がでてしまう花粉症。頭皮に対しても影響がでてしまうこともあります。頭皮に花粉が付着することにより過敏に反応がでてかゆみが発生してしまう場合があると考えられています。
しかし、かゆみが出たからと、爪などでかいてしまうと、頭皮を傷つけてしまい、炎症やフケの増加につながります。そのような状況だと、頭皮の環境が整わず。頭皮が荒れてしまうことにもなりかねません。
頭皮の状態をいい状態に保つためにも、洗髪をして付着した花粉や汚れなどをきれいに洗い流すようにしましょう。シャンプーを使い、頭皮をきれいにすることで、かゆみを抑えることにもつながります。しかし、肌質によっては、シャンプーの刺激が強すぎてしまうこともあるので、敏感肌や乾燥肌の場合には、自分の肌質にあったシャンプーを選ぶも大切です。できるだけ刺激が少ないものを選ぶことで、頭皮への負担を減らしましょう。
また、花粉症対策として、花粉が飛びやすい時期や、風の強い日などは、できるだけ外出を控えることも大切です。春時期は、花粉が飛びやすい季節です。多量の花粉が飛び交っている中にいると、アレルギー反応がでてしまいかゆみやくしゃみ、鼻水などが止まらない状態になってしまい、かなり辛い状況になってしまいます。また、風が強い日も花粉が飛び交いやすいため、できるだけ室内にいるほうがいいでしょう。どうしても外出しなければならない場合には、花粉を防ぐためにマスクや帽子、メガネなどを着用して対策をしてから外出するように心がけましょう。
帰宅したら、花粉を室内に持ち込まないために、玄関に入る前に外でしっかりと花粉をある程度全身をはらって花粉を落としてから室内に入るようにすると、自分で原因となる花粉を自宅内に持ち込むことがないため、予防にもなります。